消費者金融系のカードローンは安定した収入があり返済能力があると審査されるとフリーターや成人して学生であっても利用することができます。

私もパートタイムで働いているときに消費者金融系のカードローンに申し込みをして審査に合格することができました。

消費者金融系のカードローンには年収の3分の1までしか融資することができないという総量規制という決まりがあります。この総量規制により収入の無い方は消費者金融系のカードローンに申し込むことはできないのです。

すべてのカードローンがこのような状況なのかと言いますと、それは違います。

銀行系のカードローンには総量規制がありませんので、収入の無い専業主婦の方でも申し込むことが可能となります。ただし、その場合は夫に安定した収入があるということが前提となります。

消費者金融系でも銀行系でもカードローンの審査に合格したからと言って幾らでもお金が借りられるわけではないので注意しましょう。

消費者金融系では総量規制により年収の3分1までは融資を受けられることになりますが、実際に融資を受けられる額はそれより小さくなるのが一般的です。

カードローン利用者の返済能力を見て融資することのできる上限額が決められるからです。

ちなみに私の上限額は10万円となっていました。

正規雇用で働いていて収入の多い方は上限額が50万円となるようなこともあるようです。

カードローンは借り過ぎに注意する必要があるので、私の場合は上限額が10万円で良かったような気もしています。