カードローンを利用する際、必ず必要になるのが審査です。収入や住居、他社からの借り入れの有無などを調べるほか、勤務状態を確認するために在籍確認というものが行われます。この在籍確認は、一般的に電話で行われる事が多く、カードローン会社の方から勤務先に「○○さんはいらっしゃいますか?」と言った形で行われます。もちろん、「○○金融機関ですけども…。」と言ったように企業名を出すような事はなく、あくまでも、個人名で行われるため、電話に出た社員に金融機関からの在籍確認であると言う事が知られるという心配はないと言われています。

しかし、最近では何でも、個人の携帯に電話がかかってくるような時代です。その為、個人名での電話自体、不思議に思われる場合もあるかも知れません。また、電話に出た人が自分自身もカードローン利用者だった場合、「在籍確認では?」と感じてしまう場合も考えられます。

もちろん、これらは、かなり確率の低い話です。多くの人の場合、普通に電話での在籍確認を行い審査を受けています。しかし、やはり、それでも心配だと言う人には、審査を申し込む際、在籍確認への不安を話してみると良いかと思います。中には柔軟に対応してくれる金融機関もあり、勤務先の社員証や健康保険証。その他、給与明細書を見せる事で、電話での在籍確認代わりにしてくれるところもあります。

また、これらの提示で在籍確認を済ませる事ができるメリットとしては、勤務先が休みの日でも審査を行う事ができる点にもあります。いくら、審査が可能な時間に審査の申し込みを行っても、勤務先が休みで在籍確認を行う事ができない場合、審査はストップしてしまいます。それでは、その日のうちにカードローンを利用する事は出来ません。そう言った場合でも、書類による在籍確認を利用すれば、そのまま、審査を行う事ができ、結果的にその日のうちにカードローンを利用する事が可能になります。

このように、相談次第で在籍確認の方法は変更する事が可能な場合がある為、一度確認してみる事をお勧めします。